深刻な現代病

まばらに散らばるカプセル

ストレスによる勃起不全

勃起不全の原因には精神的な問題も大きく関わってきます。これは若年性の勃起不全に多いといわれており、最近急増しつつあります。
勃起が生じる際には、脳から男性器に性的刺激が伝達されます。ただ、大きなストレスによって自律神経が乱れてしまうと、脳から男性器に性的刺激が伝わりにくくなり、勃起不全になってしまいます。
自律神経が乱れる原因には様々なものがあります。うつ病などの精神疾患によって生じるのはもちろん、仕事や家庭環境、経済状況など様々な事情によってストレスを感じ、勃起不全が生じることもあります。
特に現代社会ではストレスを感じることが多くなっているので、心因性のEDは深刻な現代病といえるでしょう。

性行為のトラウマによる勃起不全

心因性の勃起不全に関しては、性行為に対するトラウマによって生じている場合もあります。
例えば過去に性行為の際に失敗してしまったり、女性に早漏であると指摘された場合などは、性行為に関して自信を無くしてしまいます。
その結果、性行為の際に焦りや不安の気持ちが強くなり、正常な勃起ができなくなる可能性があります。
この場合はストレスを取り除くというよりは、トラウマとしっかり向き合い、改善することが求められるでしょう。

ED治療薬で改善

心因性の勃起不全は血管に異常があるのではなく、精神的な問題で勃起ができないようになっているのですが、レビトラなどED治療薬で改善が期待できます。
性行為の前にレビトラを服用することによって、しっかりと勃起するので、性行為に対して自信を持つことができるようになります。ストレスを感じている場合でも、トラウマがある場合でも、レビトラを飲むという行為で性行為に対して前向きになれるので、勃起ができるようになるのです。
まずはレビトラのようなED治療薬を利用して、自分に自信を持ちましょう。