身体的な要因

こぼれる薬

血流が滞る

勃起不全が起こる要因には様々なものがありますが、特に多いのが身体的な原因による勃起不全です。
そもそも勃起とは、男性器内に血液が集中することによって生じます。陰茎海綿体というスポンジ状の部位に血液が集中することによって、男性器が硬く膨張するのが勃起の正体です。
身体的な要因で生じる勃起不全は、血管に異常があったりすることで、血液が男性器に集まらず、十分な勃起ができなくなってしまうことによって生じます。
血流が滞る原因は主に生活習慣によるものなので、生活習慣には常に気を配りましょう。
万が一勃起不全になった場合は、レビトラをはじめとしたED治療薬を使うことが有効です。レビトラは男性器周辺の血管を拡張することによって勃起をサポートしてくれるので、身体的な要因の勃起不全に大きな効果を発揮します。

気を付けるべき生活習慣

勃起不全にならないためにも、生活習慣を見直していく必要があります。
具体的には、生活習慣病にならないように気を付けることです。
生活習慣病といえば、糖尿病や肥満などが挙げられますが、これらは血管に対して大きなダメージを与えることで有名です。
糖尿病も肥満も動脈硬化という血管の異常をもたらすので、血流が滞る大きな原因になります。現に糖尿病患者の80%以上がEDを併発しているというデータもありますので、糖尿病には十分に注意しましょう。
糖尿病や肥満の原因になるのは、食べすぎや運動不足になるので、普段から規則正しい食生活や適度な運動を心がけることが重要だといえます。
生活習慣の改善はED予防だけではなく、命を脅かす病気の予防にもなるので、しっかり対策をとるようにしましょう。