個人輸入という方法

白い錠剤

海外から輸入する

ED治療薬には様々なものがありますが、日本国内で入手可能なのはレビトラ、シアリス、バイアグラの三種類です。
これらは勃起不全に対して大きな効果がありますが、日本の薬事法ではED治療薬が処方箋医薬品に指定されているので、手に入れるためには病院に行く必要があります。
ただ、勃起不全を医師に相談するのも恥ずかしいと思う方には、ED治療薬は通販で購入することをおオススメします。
日本では薬事法によって市販されていないED治療薬ですが、実は海外では普通の薬局で市販されています。海外の市販薬を個人輸入することは薬事法でも認められているので、個人輸入を行うことで病院に行かずに薬を手に入れることができるのです。
個人輸入なら恥ずかしさを感じることなく治療が行えるので、すぐにでも利用しましょう。

個人輸入代行サービス

個人輸入の方法が全く分からなかったとしても、個人輸入代行サービスを利用することによって簡単に薬を手に入れることができます。
個人輸入代行サービスでは、面倒な輸入の手続きを全て代行してくれますので、国内での通販と全く同じ感覚で購入できます。
さらに、海外には日本で購入できる三種類のED治療薬以外にも様々な薬があるので、薬の選択肢もかなり増えるといえます。
きわめつけに、日本で病院に行った際にかかる診察料などがかかりませんので、金額も抑えることができます。レビトラのジェネリック医薬品なども購入が可能なので、薬代も安くすることが可能です。
ここまでメリットが多いので、今では病院に行かずに個人輸入代行サービスでED治療薬を購入する方が急増しています。
病院に行く暇がない方や、行く勇気が出ない方は、悩んでしまう前にまずは個人輸入代行サービスを利用してみましょう。